飲酒でむくむのは「抗利尿ホルモンの抑制」と「血管透過性」の亢進が原因

 飲酒をするとトイレが近くなるのはご存知と思います。これは摂取したアルコールが、排尿を抑えている「抗利尿ホルモン」の働きを抑えてしまうためです。そして尿が出ることでからだは脱水状態になります。

 

 血管内の水分が少なくなくなると、からだは「脱水状態」と感知して喉が渇きます。そうすると、水分を摂るか、またはビールなどのアルコールをガブガブ飲む・・・これが結果的に水分の過剰摂取となりむくんでしまうことになります。

 

 では?排尿量とアルコール摂取量がイコールもしくは、排尿が多ければむくみは出ないのでは?と思われますがそのような単純な話ではないようです。

 

スポンサード リンク 

 

アルコールで血管外に水が出てくる?

 アルコールを摂取すると血管が膨張します。すると動脈側の毛細血管の「血管透過性」が亢進され血管壁が水分を通しやすくなります。動脈の血管壁には微小な穴が開いていて、そこから水分がどんどん出てくるようになります。これがむくみを起こす大きな原因となります。

アルコールを飲んで、尿を出して、また水を飲む=むくみ誘発の悪循環

 アルコールによる抗利尿ホルモンの抑制で尿がたくさん出ると、喉がかわきますので必然的に水を飲むことになります。さらにアルコールの影響で、血管透過性が亢進され水がどんどんと血管外に出てきます。すると血管内の水分量が不足して脱水状態となりのどが渇くので、また水を飲む・・・

 

 いわゆるこの繰り返しになってしまうのです。むくみ予防、解消には、できればアルコールの量は控えたほうが良いのは確かです。

 

忙しい方のむくみ対策は”サプリメント”がおすすめ


むくみ対策には、生活習慣の見直しが必要です。
しかし。。。なかなか行動に移せないのが現実ではないでしょうか?


そんな悩みを抱える忙しい方には”サプリメント”や”漢方薬”がおすすめです。


飲むだけでむくみ対策ができてしまう手軽さは魅力ですね。



  • 実感があるからリピート率92%!
  • たまった水分を逃す「メリロート」を高配合
  • 摂りすぎたナトリウム(塩分)の排出を促す「カリウム」をオリーブ130個分含みます
  • 「品質の証」GMP認定工場で生産 基準を超えた徹底的に管理された製造工程で安全安心!

むくみはもちろん、肥満や便秘に効く漢方薬(第2類医薬品)です。


  • 18種類の生薬で、代謝・利尿・便通などの作用により腹部の皮下脂肪を減らし、むくみや肩こり、肥満や便秘に効果を表します。

  • とうもろこしのひげ、発酵しょうが、よもぎ、ししうど、赤ブドウの葉という、自然のめぐり成分5つを贅沢に配合
  • さらに3種のビタミンBで、元気とキレイをサポート


スポンサード リンク 

飲酒(アルコール)とむくみの関係関連ページ

塩分と水分の摂り過ぎは禁物?
塩分と水分の摂り過ぎもむくみの原因といわれます。実際のところはどうなのか?詳しく解説します。
足のむくみの原因と対策
足のむくみを予防するにはむくみを起こしやすい生活を改善することが最優先です。多くの人が悩んでいる足のむくみの原因と対策について解説します。
ダイエットもむくみの原因に!?
ダイエットは方法によっては大きな落とし穴があります。間違ったダイエットはむくみにつながりかねません。どんなダイエットがむくみにつながるのでしょうか?
冷え性とむくみ
よく、冷え性は足がむくみやすいといいますが、その理由についてお話します。