片足だけがむくむ原因は?

 長い時間立っていたり、座っていたりすると病気でなくても足がむくみますが、この時は左右の足が同じようにむくみます。心性浮腫や肝性浮腫、腎性浮腫など全身性浮腫の場合も、左右の足がむくみます。一般的に、利き足の方が太くなりやすく、これは病気でなくても左右差は1cm程度あるといわれます。

 

スポンサード リンク 

 

 

 しかし、片方の足だけにむくみが出た時や、両足がむくんだ場合でも右足と左足でむくみの程度が大きく違う場合は、何らかの病気である可能性がとても高くなります。片足だけがむくむのは、片方の足に怪我をしたときや炎症、アレルギー、かぶれ、脳梗塞などで片足が麻痺した時、悪い方の足がむくみます。

 

 片方の足だけにむくみが出る原因で最も多いのは、静脈やリンパの流れが悪くなることです。代表的なものは、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、リンパ浮腫などがあげられます。これらの病気について、次から詳しく解説します。

 

 

PR:話題のむくみ解消サプリメント「きゅきゅっと小町」

 

 効果を実感した人が94%、リピート率が92%と、多くの女性雑誌でも取り上げられています。きゅきゅっと小町の詳細はこちら

 

片足だけの”むくみ”【局所性浮腫】と考えられる病気記事一覧

 「下肢静脈瘤」は、片足だけがむくむ局所性浮腫において、とても多くの方がかかる病気です。この病気にかかる頻度は、小さな静脈瘤も入れると15歳以上の日本人の40%以上に下肢静脈瘤がみられるといいます。30歳を過ぎるとその頻度は60%以上にもなります。 特に女性に多く、妊娠、出産をきっかけに下肢静脈瘤ができる方が少なくありません。性別、加齢、遺伝、妊娠、職業などが下肢静脈瘤をできやすくする危険因子とも...

 足の筋膜よりも下には深部静脈という太い静脈が走っていますが、この静脈は足の血液の90%以上を心臓へと送っています。この深部静脈の血液が固まり、血栓ができてしまうのが「深部静脈血栓症」という病気です。深部静脈血栓症の症状 深部静脈に血栓ができると、足の静脈の血液が心臓に戻ることができなくなりますから足に多くの血液が溜まることになってしまいます。するとこの血液のうっ滞のために足が赤紫色に腫れ上がって...

 リンパ浮腫とは、リンパ管の流れが悪くなることで、たんぱく質やそれに伴う水分などが皮下組織から排出されずに皮下に溜まった状態になることをいいます。静脈の流れが悪くなりむくんでしまう場合は、血管の拡張や肌がどす黒くなるなどの特徴がありますが、リンパ浮腫は血液は関係ありませんので、むくみの特徴としては肌が全体的に膨らんだように白くなります。 リンパ浮腫で、明らかに原因がわからなく先天性としか考えられな...