特に女性に多い「下肢静脈瘤」

 「下肢静脈瘤」は、片足だけがむくむ局所性浮腫において、とても多くの方がかかる病気です。この病気にかかる頻度は、小さな静脈瘤も入れると15歳以上の日本人の40%以上に下肢静脈瘤がみられるといいます。30歳を過ぎるとその頻度は60%以上にもなります。

 

 特に女性に多く、妊娠、出産をきっかけに下肢静脈瘤ができる方が少なくありません。性別、加齢、遺伝、妊娠、職業などが下肢静脈瘤をできやすくする危険因子ともいわれています。

 

スポンサード リンク 

 

下肢静脈瘤の発生原因

 下肢静脈瘤は、血液の逆流が原因となっておきる病気です。足の静脈は血液を心臓へ送るわけですが、送られる血液が逆流しないように血管内には弁がついています。この弁が、妊娠や立ち仕事、加齢などによって機能が失われると、足の血液は足先へと逆流するようになり、血管内の圧力が高まってしまい静脈が膨れてしまいます。これが静脈瘤の正体です。

症状について

 下肢静脈瘤は、足が重くてだるい、足がむくむ、かゆいといった症状が出てきます。足の静脈が浮き出て、血管がミミズが這ったようにクッキリと浮き出る場合もありますが、中には見た目は全く無症状であることも少なくありません。しかし、片足だけがむくむというような症状の場合は、まず第一に
下肢静脈瘤が原因である可能性が高くなります。静脈の流れが悪いまま長期間放置すると、皮膚に湿疹や、色素沈着、潰瘍が出来る場合もあります。

治療について

 下肢静脈瘤の治療はいろいろな方法があります。

弾性ストッキング

 医療用弾性ストッキングで、足に適度な圧力を加えて足に余分な血液が溜まるのを防ぎ、足の深部にある静脈への流れを補助します。ただし弾性ストッキングによる圧迫療法は、症状の進行の防止と現状維持が目的で、下肢静脈瘤そのものを治癒するものではありません。
参考:弾性ストッキングの足のむくみ予防効果−医療用がおすすめです!

ストリッピング手術

 下肢静脈瘤の根治的な治療方法として、古くから行われている手術で、弁不全を起こしている静脈そのものを引き抜いてしまう方法です。

硬化療法

 静脈に血管を固める薬を注入して、弾性包帯で圧迫し血管を潰してしまう治療方法です。

静脈内レーザー治療術

 静脈内にレーザープローブを挿入し、静脈内側をレーザーで焼灼する高度な最新の手術方法です。
 これらは代表的な治療法ですが、医療機関によっては選択する治療法が異なりますので、治療を行う際は信頼できる血管外科をインターネットや口コミ等で調べて治療にあたることをおすすめします。

 

 

PR:話題のむくみ解消サプリメント「きゅきゅっと小町」

 

 効果を実感した人が94%、リピート率が92%と、多くの女性雑誌でも取り上げられています。きゅきゅっと小町の詳細はこちら

 

 

スポンサード リンク 

片足のむくみ−下肢静脈瘤 原因と治療法について関連ページ

深部静脈血栓症
深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)について詳しく解説します。
リンパ浮腫の原因と治療法
リンパ浮腫の原因と治療方法について詳しく解説します。