むくみは、身体のどこに出やすいのか?

 ”皮下の過剰な水分=「間質液」のバランスの崩れ”が、むくみの正体であることはお話しました。この「間質液」は身体全体に存在しますが、実はむくみが出やすい=水分の溜まりやすい部位は決まっています。
それは、

  • 皮下組織が少ない部分
  • 指で押して骨がすぐに触れられる場所
  • 皮膚をつまんで簡単に持ち上がる場所
   などです。

 

スポンサード リンク 

 

”下肢”はもちろん”まぶた”などもむくみやすい

 では?身体のどこにむくみが出やすいのか??? それは、ご存知のように脚部です。足は代表的なむくみやすい部位ですね。とりわけ膝から下の下腿前面(すね)は皮下組織が少ない場所ですのでむくみやすいといえます。皮膚を上から20〜30秒間押したままにするとへこんだまま元に戻らない場合、むくみが起きていることになります。

 

 また、”まぶた”などもむくみやすい場所です。まぶたは皮膚をつまんで簡単に持ち上がる場所でもあり、上まぶたをつまんでへこんだままになる場合、むくんでいると言えます。むくみの程度が重い場合は、へこみが元に戻るまで時間がかかるようになります。見た目にも目のまわりが腫れぼったくなります。

 

 間質液のような水分は重力の影響を受けるので、長時間同じ姿勢でいると身体の下の方に現れやすいということが言えます。寝たきりの方などは、寝ている姿勢の下方、つまり背中や尾てい骨まわり、脇腹の背面などがむくみやすくなります。姿勢によっては、常に足だけがむくむとも限りません。

 

忙しい方のむくみ対策は”サプリメント”がおすすめ


むくみ対策には、生活習慣の見直しが必要です。
しかし。。。なかなか行動に移せないのが現実ではないでしょうか?


そんな悩みを抱える忙しい方には”サプリメント”や”漢方薬”がおすすめです。


飲むだけでむくみ対策ができてしまう手軽さは魅力ですね。



  • 実感があるからリピート率92%!
  • たまった水分を逃す「メリロート」を高配合
  • 摂りすぎたナトリウム(塩分)の排出を促す「カリウム」をオリーブ130個分含みます
  • 「品質の証」GMP認定工場で生産 基準を超えた徹底的に管理された製造工程で安全安心!

むくみはもちろん、肥満や便秘に効く漢方薬(第2類医薬品)です。



  • 18種類の生薬で、代謝・利尿・便通などの作用により腹部の皮下脂肪を減らし、むくみや肩こり、肥満や便秘に効果を表します。

  • とうもろこしのひげ、発酵しょうが、よもぎ、ししうど、赤ブドウの葉という、自然のめぐり成分5つを贅沢に配合
  • さらに3種のビタミンBで、元気とキレイをサポート




スポンサード リンク 

むくみの起きやすい部位について関連ページ

むくみのメカニズム
むくみ(浮腫み)は、皮下の過剰な水分がその正体です。ではなぜ、水分が過剰に溜まるのか?そのメカニズムを知ることで正しいむくみの予防や治療につながります。
見分け方のポイント
むくみは大きな病気の症状である場合もありますので、そんな病気を見逃さないためにも、むくみを見分けることが重要です。むくみの見分け方のポイントについて解説します。
血行障害とむくみ
血の流れが悪いとむくみやすいと考える方がいらっしゃいますが、血流を良くすればむくみが消えるという単純なものではないようです。血行障害とむくみの関係について解説します。
むくみとセルライトの関係
むくみや冷え性の人はセルライトができやすく、セルライトができることで更に冷えやむくみにつながるということを聞きますが、実際はどうなのでしょうか? むくみとセルライトの関係についてお話します。
むくむ原因は、リンパ系、それとも静脈?
むくむ原因を、「リンパ系」と勘違いする方がいらっしゃいますが、実はむくみのほとんどの原因が静脈にあります。