むくみの体質

 よく聞く格言のような言葉で「靴は夕方に買うべき」と聞いたことがあると思います。これは朝よりも夕方になるにつれ足がむくみ、大きくなってしまうためですね。 むくみ自体は誰でも起きる症状なのですが、「むくみ」という言葉だけで連想すると、つい病気を思い浮かべる方もいるかもしれません。

 

 むくんでしまうこと自体は必ずしも病気ではありませんが、自分自身で自覚は無いのに、足がむくんでいたりということはよくある話なんですね。 しかし、「女性はむくみやすい」ということも聞いたことがあると思います。これは事実で、むくみには、むくみやすい体質のようなものはあります。では、どんな人がむくみやすくて、むくみにくいのはどんな人なのでしょうか?

 

スポンサード リンク 

 

血圧の低い人や肥満の人はむくみやすい?

血圧の低い人はむくみやすい

 それは、心臓に病気がなくても心臓が足からの静脈血を引き上げる力が弱くなる傾向にあるためです。足のむくみの防止にはふくらはぎ周りの筋肉を鍛えて「筋ポンプ作用」を上げたりすることでむくみ解消につなげることができます。

 

肥満の人もむくみやすい傾向に

 肥満は、心臓にそれ相応の負担がかかりますから、静脈血を引き上げる力が弱いのです。結果的に足の方に静脈血が溜まってしまうことになります。また、肥満により呼吸も浅くなる傾向になるため、これが静脈血の流れに影響を及ぼします。

 

 さらに皮下脂肪が多いことでむくみがとれにくいとも考えられます。肥満傾向の人は筋肉を鍛えることは勿論ですが、やはり痩せるに越したことはありません。しかし、それが難しんでしょうけどね。。。

 

 次からさらに掘り下げて、むくみ体質についてお話します。

 

忙しい方のむくみ対策は”サプリメント”がおすすめ


むくみ対策には、生活習慣の見直しが必要です。
しかし。。。なかなか行動に移せないのが現実ではないでしょうか?


そんな悩みを抱える忙しい方には”サプリメント”や”漢方薬”がおすすめです。


飲むだけでむくみ対策ができてしまう手軽さは魅力ですね。



  • 実感があるからリピート率92%!
  • たまった水分を逃す「メリロート」を高配合
  • 摂りすぎたナトリウム(塩分)の排出を促す「カリウム」をオリーブ130個分含みます
  • 「品質の証」GMP認定工場で生産 基準を超えた徹底的に管理された製造工程で安全安心!

むくみはもちろん、肥満や便秘に効く漢方薬(第2類医薬品)です。



  • 18種類の生薬で、代謝・利尿・便通などの作用により腹部の皮下脂肪を減らし、むくみや肩こり、肥満や便秘に効果を表します。

  • とうもろこしのひげ、発酵しょうが、よもぎ、ししうど、赤ブドウの葉という、自然のめぐり成分5つを贅沢に配合
  • さらに3種のビタミンBで、元気とキレイをサポート




こんな人はむくみやすい?むくみ体質について記事一覧

 よく女性はむくみやすいといいますが、男性よりも女性がむくみやすい理由は筋肉量の違いが大きいといわれます。そもそも”むくみ(浮腫み)”とは?でお話したように、女性は足の筋肉量が少ないため、むくみに大きな影響を及ぼすことになる、静脈血を心臓方向へ押し上げる「筋ポンプ作用」が弱いことがむくみを起こす要因といわれます。 また、職業的にもディスクワークやショップ店員さんなど、むくみを起こしやすい仕事柄もあ...

 アスリートと呼ばれるスポーツ選手は、普段の練習で身体を動かしているので、むくみが起きにくいといわれます。言い方を変えると、アスリートは、筋肉が発達していますから、普通の人よりも、より筋ポンプ作用が強いということがむくみにくい理由です。 合わせて、運動効果での血流促進で、肌組織の代謝も高いことが考えられるので、肌のハリがあり皮下組織圧が高いことも、むくみにくくしている要因です。逆に、痩せている方や...

 健康体であるならば、年齢が直接の原因でむくむということは基本的にはありません。しかし・・・そう言っても年齢を重ねると、身体にはいろいろな変化が起きてきます。 代謝が減って肥満になったり、動脈硬化で心臓に負担がかかったり、静脈の機能やリンパ液の、流れが悪くなったり、腎臓の働きが悪くなったりもします。また身体の調子が悪いと、なかなか歩くことをしなかったり、運動をすることがままならなくなるので、足の筋...